乾燥肌に内外からも保湿作業を

乾燥肌に内外からも保湿作業を

乾燥肌対策としては一般的には保湿化粧水を使う事が多いです。

 

保湿化粧水のつけるタイミングとしては洗顔直後に行うのが良く、洗顔後からすぐに乾燥が始まるので、洗顔して間髪いれずに保湿作業を行うのが望ましいです、その後蒸発を防ぐために乳液等を使うのも効果的です。

 

乾燥肌は肌が傷つきやすい状態になっています。

 

保湿出来ない肌というのは正常な状態ではないので、様々な肌トラブルを起こす事になります。

 

保湿出来ない状態というのは外部からの攻撃を防げないのでバリア機能の無い肌です。

 

肌の生まれ変わりの時も潤いの無い肌では生まれ変わりにくいですし、乾燥肌は単純にカサカサするというだけの問題では無いので対策した方が良いです。

 

 

 

外からのケアだけでなく、内部からも保護する為には水分や酵素がたっぷりある野菜や果物を取り入れたり、サプリ活用するのも良いです。

 

油モノや甘いモノを食べ過ぎると、血流が悪くなったり、栄養素や老廃物が流れにくくなります。

 

乾燥肌 保湿 http://www.iafpe.org/

 

基本的に全ての肌トラブルを防ぐ時には食べ物というのも同時に意識した方が良いです。

 

 

 

食事によって乾燥肌にも悪影響を及ぼす事がありますし、基本的には腸を元気にして免疫力と代謝を高めておく事は乾燥肌に限らずすべての肌トラブル改善に必要なので、腸を元気にしつつ、保湿作業を行いましょう。

冬の乾燥肌対策はかかせません

 

冬になると、どうしても乾燥肌が気になります。

 

乾燥肌はカサカサになってしまうだけでなく、かゆみをともなう事もあり、かゆみが出てくるとどうしても掻いてしまったりとするので、傷がついてしまうと言う事もあります。

 

そうならないようにするためにも、冬の乾燥肌対策と言うのはかかせないものです。

 

具体的にどのような対策をしているかと言うと、入浴時と入浴後に気を付けるようにしています。

 

最近は入浴剤や、ボディーソープなどにも保湿効果があるものが多いので、まずはそれを利用するようにしています。

 

 

 

保湿効果のあるボディーソープで軽く体を洗い、そして保湿効果のある入浴剤を使用しゆっくりとお風呂にあたたまります。

 

そうする事によって、体が薄い粘膜で覆われ乾燥しにくい状態となります。

 

また、それに加えて入浴後は出来るだけはやく、保湿効果のある乳液や化粧水を体につける事によって、より効果が期待できるようになります。

 

毎日の積み重ねとなりますが、まったく何もしていなかった頃に比べると、このように保湿効果と言う事に注目してするだけで、肌に対する乾燥の度合いがまったく違うものとなってきます。

 

毎日、これを続けるだけで、乾燥肌のカサカサも和らぎ、そしてかゆみもなくなりました。

乾燥肌には辛い季節

 

最近はすっかりと寒くなり季節は冬になりましたが、冬と言えば乾燥の季節です。

 

外の空気が乾燥しているのはもちろんなのですが室内も暖房によってとても乾燥しているのです。

 

そんな私は乾燥肌な肌質なので本当に冬の季節は辛いです。

 

何もしないでおくと肌がパリパリになって痒みがでたり、顔は白い粉が出たりしてしまいます。

 

しかし空気の乾燥は防ぎようがないので、私は毎年どうにかして乾燥と戦っています。

 

 

 

まずは朝です。

 

朝起きて肌を刺激しないようにぬるま湯で洗顔した後すぐにたっぷりの化粧水で顔を馴染ませています。

 

ポイントはちょっと多過ぎと思うくらいの化粧水を使う事です。

 

そして体にはボディクリームを塗っています。

 

化粧水やボディクリームは色々と試してみて自分の肌に合った物を使った方がいいと思います。

 

そして手ですが、私は手を洗ったら毎回ハンドクリームを付けることにしています。

 

 

 

そして夜はお風呂から上がったらすぐに化粧水とボディクリームを塗っています。

 

お風呂から出たらどんどんと肌も乾燥してしまうのですぐに塗る方がいいです。

 

そして寝る前にハンドクリームを塗って寝るといった感じです。

 

こんな気を付けるのは大変だと思うかもしれませんが、乾燥するのは冬だけなので頑張っています。

 

そして今年も冬が終わるまで頑張るつもりです。